書籍「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」を無料キャンペーンで献本していただき読了。もったいないのでこの本、抽選で1名様に差し上げます。

2010年 3月 1日

書籍「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」を無料キャンペーンで献本していただき読了。もったいないのでこの本抽選で1名様に差し上げます。

IT経営実践企業EC studio代表 山本敏行氏の著書「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」を、発売記念!?の先着無料キャンペーンで献本していただきました。アリガトウ!(フリーミアム方式かな?フリーミアムについてはこちらの記事で。

本では、実際にEC studioさんで実践されている、社員全員にiPhoneを支給しツイッターアカウントを取得させる事で得られた、仕事上・コミュニケーション上のメリット・デメリットなどがうまく整理され紹介されています。これまでネット上でも「ツイッター全社導入について」のエントリーはいくつも目にしてきましたが、ここまでツイッターデバイスをiPhone(スマートフォン)に特化しているものは、yokoyamaは初めて読みました。

以下に、ちょっとだけ本の紹介と、ボクだけ読んで本棚ってのももったいないので、本のプレゼント応募方法を。



「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」の中でなるほど…と思ったのは

・ツイッターが、これまでのコミュニケーション・ツールと大きく違うのは、相手からの返事を求める(強制する)ことなく、反応するかしないかはフォロワーの自由

・今考えていること、今起きていること、今いる場所などを直感的につぶやくため、ブログなどに比べると、投稿の敷居が低い

・ツイッターは例えるならラジオを聴く行為で、聴きたい音楽やニュース局へチューニングを合わせるのは、フォローしたい人のつぶやきを見ることに似てる

などなど。あんまり書くとあれなんですが、最後のラジオのたとえには、なるほどーと思いました…。(ラジオとの融合はピーチク記事で。

あとひとつだけw、「あああ」と納得した部分。

私が自宅に帰ると、妻が今日あった出来事をとめどなく話してくる事があります。私がそれに対して「それはこうした方がいいんじゃない?」とアドバイスすると「別にアドバイスして欲しいワケじゃなくて聞いてほしいだけ…(中略)」

ツイッターはコレに似てるとw…。yokoyamaもよく、テレビに向かって届かない独り言いってるらしい…ので、この感じわかるなー。

さらに著書の中では

・iPhoneとツイッター導入により生まれる社員のコミュニケーションが、いつしか会社外へ広がることがPR効果をうみ、結果、商売に役立つ様子

・iPhone(スマートフォン)導入することで、初めて、グーグルのクラウド・コンピューティングの恩恵にあずかれる

などなど、クラウド以前・以後でビジネスの様相が様変わりしているのを、グーグルの社長へのインタビューも交え、詳しく紹介・説明してくれてます。(クラウド・コンピューティングについては「ウェブ進化論」記事で。

「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」の文章が説得力を持っているのは、著者山本さんご自身が、自分で経営する会社で実践している経験を書かれているから、だと思います。ツイッターやiPhone、クラウドコンピューティング、中小企業経営などそのアタリを勉強したい人にはおすすめの本です。ね?本、読みたくなったでしょ?

yokoyamaのお客さんの会社の一つに、社員全員にiPhoneを支給している会社があるんですが、ツイッターやってないんですよね。この本読むと、インフラは整っているのに、スゴクもったいないなあ…と思います。

書籍「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」を無料キャンペーンで献本していただき読了。もったいないのでこの本抽選で1名様に差し上げます。

さて、本のプレゼントの応募方法ですが…

応募方法:以下のボタンをクリックして「応募するよー!」とツイッターでつぶやいてください。(アカウント無い方はこれを機に!1分でできますからどうぞ。)応募者多数の場合は抽選で。抽選後ご本人に直接こちらからご連絡します。

応募期間:応募は締め切りました。多くの申し込みアリガトウ!

郵送方法:日本国内に限り送料負担します。離島などの方は要相談。

応募用件:読了後出来れば誰かにプレゼントして下さい。

ボクだけ読んで本棚ってのももったいないので、ぜひ、気軽にご応募してください。

あなたのツイッターでwagonR35とつぶやく。
あなたのツイッターでつぶやく。


ちなみに以前紹介したかゆい所に手が届く孫の手サービス「ツイートメール」はEC studioさんのサービスだった…知らなかった…やるなあ。

+ はてなの社外取締役 梅田望夫氏のウェブ進化論を読む、前と後ではgoogleのサービスのとらえ方が180度変わる

+ PC画面で本一冊読むのはスゴク大変で、途中何度も本を買おうか迷いました…実はコレが「FREE フリー<無料>からお金を生みだす新戦略」そのもの!?

+ J-WAVE GROOVE LINEピストン西沢さんの実験的取り組み「ピーチク」が、ラジオとネットの未来を握っている気がしてなりません。

+ アルファーツイッターのつぶやきは、かゆい所に手が届く孫の手サービス「ツイートメール」で、1日分まとめてメールで読もっと!

+ IT経営実践企業|EC studio



2 Responses to “書籍「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」を無料キャンペーンで献本していただき読了。もったいないのでこの本、抽選で1名様に差し上げます。”

  1. GW用にゲットw!いずれも無料(フリー)の「iPhoneとツイッターは、なぜ成功したのか?」と「ビジネスモデルを見える化するピクト図解【Lite】」 | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2010年 4月 28日 at 7:59 AM

    […] + 書籍「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」を無料キャンペーンで献本し… […]

  2. コレ便利!ブラウザ・ツイッターユーザー用のRTボタン(ブックマークレット)設置方法。コレで手動RTツイートしなくても良くなるw! | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2010年 10月 9日 at 8:55 PM

    […] + 書籍「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」を無料キャンペーンで献本し… […]

コメントを書く