フジロック行ってわかった(事前に知りたかった)、地図・ステージ移動時間、食事、トイレ、服装・ファッション・レインウェア・防寒着、長靴・登山靴、椅子・敷物、渋滞・駐車場シャトルバス、温泉の事。FUJI ROCK2013!

2011年 8月 6日

前回wagonR35では始めてのフジロック!の模様をレポートしましたが、今回レポート2として、始めてのフジロックへ出かける前に、ネットで調べてもよくわからなかった事、行ってみて始めてわかった事を紹介します。



1.会場地図・ステージ位置・移動距離・時間

(※画像をクリックするとFUJIROCK2011のエリア全体マップが大きな画像で開きます)

苗場スキー場駐車場(苗プリ)よりも奥のスペースがフジロック会場になっています。駐車場からグリーンステージなどのある、フジロックメインエリアにいくだけでも15分ほど歩き、また、各ステージ間もそれぞれ少なくとも15分以上かかるうえ、ステージ間の小道を大渋滞の中歩くので、倍くらいの時間がかかる事はよくあります。

各ステージ間の移動時間はざっとこんな

レッドマーキー〜グリーンステージ 15分

グリーンステージ〜ホワイトステージ 15分〜25分

ホワイトステージ〜フィールドオブへブン 15分〜25分

フィールド・オブ・へブン〜オレンジコート 10分位

2.食事

レッドマーキーとグリーンステージの間に“World Restaurant”というエリアがあり、世界中?のおいしいご飯が食べれます。「フジロックのメシはうまい!」という話は聞いてましたが、実際どれもおいしかったです。

またこのエリアに限らず、フィールド・オブ・ヘブン、オレンジコートなどにも屋台のような形で、おいしそうな飲食店がたくさん並んでいます。一日中歩き回っているので、休憩がてらホントよく食べました。また、飲み物(500mlペットボトル)もどこでも買えるので、水分補給対策も大丈夫。(ビールあるヨ!)

3.トイレ

エリア内各所にたくさんのトイレが設置されています。女性は多少並ぶかもしれませんが、数が多いのでそんなに困らない印象です。

4.服装・ファッション・レインウェア・防寒着・長靴・登山靴

服装・ファッショッはなかなかどれが正解?というのは難しいのですが…、

・レインウエアの話
雨具は色んなサイトに「ゴアテックスが良いと」書いてありましたが、yasudaとしてはポンチョがおすすめ。下から風が入ってくるのと、リュックカバーをしなくていい。多分ポンチョと、リュックカバーは同じ位の値段なので、ポンチョがあれば一石二鳥。

ズボンは、ゴアテックスの方が良いと思います。yasudaは、透明の安いカッパだったんですが、ちょっと蒸れるのと、かっこ悪い。これの上を着てる人はいても、下はあまりいなかったです。

・寒さの話

Tシャツはありえないかな…(寒い)。車でカッパに着替える間に、お腹を壊したほど…。

OG3の足下はこんな感じ。地面は雨で抜かるんで、エリア中田んぼの中を歩いているみたいなので、靴の準備は必須だと思います。疲労・防寒の観点からも、水が入って来ない靴は必須かな?

・靴の話

長靴もしくはゴアテックスの靴が必須だと思います。行く前の情報でクロックスって書いてる人がいたけど、濡れるのもあるけど、ドロがヌチャヌチャしていて、足の甲ぐらいまでは、埋まってしまうから、かなり気持ちが悪いことに…。ゴアテックスのブーツもハイカットの方が安心です。一番多かったのは、yasudaが履いていった「バードウォチング長靴」です。履き心地も良く歩きやすいです。おすすめ!

5.椅子・敷物

ステージの目の前はスタンディングエリアなんですが、後ろの方に行くとこのように、みなさん腰かけていました。一日中ライブがあり、全て立っている、というのもなかなかつらいので椅子も必須かな?と思います。

ライブを観にいって座るという感覚は、普通ないのですが、FUJIROCKは別だと…。yasudaは、持ち運びの楽さを考え折りたたみの小さい椅子を持って行ったんですが、座り心地が良くないので疲れがとれません。多少重くても、すわり心地の良い椅子をおすすめします。

ちなみにyokoyama氏の椅子は、気持ちよく寝れます。

敷物を引いて地べたに寝そべっている人もいましたが、地面がぬかるんでいるので、ちょっとつらそうでした。晴れてたら気持ちイイかもしれませんが…。

6.渋滞・駐車場・シャトルバス

スキーに行くと関越トンネルあたりからずっと渋滞するイメージがあるので「フジロックも周辺地域混むよね?」と、1~2時間時間に余裕をもって出かけましたが、どこも渋滞しませんでした。(2回も高速道路間違えたのに余裕でついたw!)

駐車場は、チケットをとる時期?にもよるのかもしれませんが、3日券でフジロックに参加しない限り、1日券の場合、周辺のみつまた駐車場(かぐら・みつまたスキー場)、神立高原駐車場(神立高原スキー場)に割り振られます。

周辺と言っても、みつまた〜苗場が20分?、神立〜苗場は40分程シャトルバスに揺られ、運行時刻表みたいなのも特に無く、一杯になったら出発という雰囲気なので、思い通りにならない部分が結構ありました。座れれば良いけどバスで立って移動はつらそうでしたよ。

7.温泉

フジロック会場周辺には確認しただけでも5~6ヵ所温泉がありました。フジロック期間だけ24時間やっている温泉もありました。僕らが行ったのは朝6時からやっている、かぐらみつまたスキー場・みつまた駐車場近くにある「街道の湯」。入浴料500円で安いし意外と綺麗で空いています。おすすめ!

雨の1日に行っただけの感想なので、暑い日はどうなの?というとよくわかりません。ただ、今までフジロック史上雨がふらなかった時は1回しかない…みたいな話も耳にしたりするので、準備に越した事はないかと思います。チケットも安くないし、場所だって都心ってわけじゃないのでね。完全装備で楽しみたいですね!

ちなみにiPhoneやデジカメを持って歩くのに、ジップロックを持っていきました。水濡れの心配がとても軽減されるので、ジップロックも必須アイテムかな?と思います。

+ FUJI ROCK2011の2日目に日帰りで行ってきました。GREEN STAGE “ハナレグミ”“G Love & Special Sauce”ライブが最高だった!〜フジロックレポート1

+ フジロックの装備・持ち物が気になる人向けのFUJI ROCK FESTIVAL2011の写真アルバム〜レポート3。FUJI ROCK FESTIVAL2012の参考までに。

+ 夏フェス・野外フェスに行く人におすすめ!日本野鳥の会の『バードウォッチング長靴』

関連記事



4 Responses to “フジロック行ってわかった(事前に知りたかった)、地図・ステージ移動時間、食事、トイレ、服装・ファッション・レインウェア・防寒着、長靴・登山靴、椅子・敷物、渋滞・駐車場シャトルバス、温泉の事。FUJI ROCK2013!”

  1. FUJI ROCK2011の2日目に日帰りで行ってきました。GREEN STAGE “ハナレグミ”“G Love & Special Sauce”ライブが最高だった!〜フジロックレポート1 | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2011年 8月 7日 at 5:38 PM

    [...] + フジロック行ってわかった(事前に知りたかった)、地図・ステージ移… [...]

  2. フジロックの装備・持ち物が気になる人向けのFUJI ROCK FESTIVAL2011の写真アルバム〜レポート3。FUJI ROCK FESTIVAL2012の参考までに。 | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2011年 8月 7日 at 6:27 PM

    [...] wagonR35では、FUJI ROCKレポート1、FUJI ROCKレポート2で2回にわたりフジロックの紹介をしてきましたが、最後にその他の写真を一挙掲載致します。(フジロックに行く前にいろいろ雰囲気をつかもうと画像検索しても、実はあまり情報がえられなかったので…。) [...]

  3. 登山道具のネットレンタル「そらのした」が、河口湖インターに出店!アウトドアビギナーも手ぶらで富士山登山に挑戦できる!? | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2012年 5月 29日 at 1:50 PM

    [...] 6位  [...]

  4. 今年のフジロック【FUJI ROCK FESTIVAL ’13】は、奥田民生が出演!さらに、ビョークも!これは、行ったほうがいいよね? | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2013年 3月 16日 at 11:12 PM

    [...] 6位  [...]

コメントを書く