南米コロンビアで新種のカエル9種、サンショウウオ1種がみつかったそうです

2009年 3月 21日

先日、南米コロンビアのパナマとの国境に広がる、ダリエン山脈タカルクナ丘陵で、

新種の、ガラスガエル(左)やサンショウウオ(右)が発見されたそうです。

 

この調査では他にも、両生類60種、は虫類20種、鳥類120種が確認され、

そのほとんどが、この地固有の種であったことから、調査をした、

国際自然保護団体コンサベーション・インターナショナル(CI)の科学者は、

「これほど新種が見つかるとは、まさにノアの箱船だ」と言ってるそう。

 

ガラスガエルって面白いですね。

このカエル見てimacのスケルトンが生まれたんだそうです。←ウソです。

 

+ インドネシア近海で発見された新種のサカナ「サイケデリカ」



コメントを書く