ボクがハマった海外ドラマ12選+2。まだ見たこと無い人におすすめしたいhuluで無料視聴できる海外ドラマ。

2014年 6月 18日

hulu_webtv

以前、三谷幸喜と清水ミチコのラジオで「なんで海外ドラマって面白いの?」という話で、日本ではテレビ局がドラマを作るのに対し、海外では制作会社がお金と権限持って作り、それを各テレビ局に売り込むから、クリエイティブになるんじゃないか…みたいな話をしてました。

なるほどねーって思ったのですが…。海外ドラマって、ほんと脚本良く出来てるし、映像の作り方、音楽のあり方、スピード感、どれをとっても相当面白いんですよね。

そんなボクが今までハマったおすすめ海外ドラマ12選+1を紹介します。ほぼhuluで観ることができるので、2週間の無料期間で見たらいいんじゃないかな?と思います。



そもそも、このエントリー書こうと思ったのが、ここ2週間位で4人の海外ドラマ見たことない人に「おすすめなに?」って聞かれる機会があり「わりと見たことない人いるんだー」と思ったからです。

ウォーキング・デッド

thewalkingdead

『ターミネーター』のプロデューサーが贈る超話題作! “ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカを舞台に、保安官リック率いる生存者たちが、安住の地を求めて恐怖に立ち向かう姿を描くヒューマン・ドラマ。

最近もっともハマってる、新シーズンが待ち遠しいドラマ。最近のゾンビコスプレブームはだいたいコレ。

NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班

ncis

NCIS〜ネイビー犯罪捜査班は従来のアクションドラマを越え、緊迫感あふれる状況の中で、個性派ぞろいの捜査官たちがユーモアを散りばめながら活躍する姿を描く作品。NCIS特別捜査官のリロイ・ジェスロ・ギブスは元海兵隊一等軍曹の狙撃手。今は凄腕捜査官としてチームを牽引し、解決に導く。殺人、テロに関する諜報活動、潜水艦の強奪事件まで、海軍や海兵隊関係者が関与するあらゆる事件を捜査するため、捜査官たちは世界を飛び回る。

刑事もののドラマがすきなんですが、特にNCISは登場人物の個性的なキャラがすきです。

LOST

lost

オーシャニック815便が太平洋上のある無人島に墜落した。人種も国籍も職業も様々な生存者48名は、生き残る為には対立しながらもお互いに協力するしかなかった。だが次々と暴かれる乗客の過去や島に潜む秘密や恐怖を知り、生存者たちは不安に掻き立てられる。お互いに広がる疑心と不信、そして次第に減っていく食料と水。果たして彼らは無事に脱出できるのだろうか?

人の個性と、集団心理との描写が秀逸な名作。おもしろいよ。

Dr. HOUSE

drhouse

天才医師グレゴリー・ハウスは患者に対する配慮に欠け、可能ならば直接話すことさえ避ける偏屈者。自身も常に痛みを抱えており、杖を使う姿はその歯に衣着せぬ物言いと併せて彼の個性を象徴している。非社交的なハウスがエリートチームと親友医師の助けを借りて、持ち前の天才的な勘と型破りな手法を駆使し人命救助のために日々難病の解明に挑む。

医療もの。超個性的な医師が繰り広げるハチャメチャが、医療の本質を表現している感じがします。ブラックジャック的かな?

BONES (ボーンズ) −骨は語る−

bones

法医人類学者テンペランス・ブレナンとFBI捜査官シーリー・ブースがコンビを組んで数々の難事件を解決していくクライム・サスペンス。損傷が激しく身元確認の困難な遺体が発見されると、法医人類学者テンペランス・ブレナン率いるジェファソニアン法医学研究所のラボのメンバーが身元確定に全力を尽くす。骨から事件解決を導き出すという独特の視点から生まれる多彩なバリエーションと、どこかコミカルなユーモアのセンスで、多くの犯罪ドラマとは一線を画すポジションを確立。1話完結の分かりやすいストーリーながら、ブレナンの過去にまつわる事件も絡み、シリアス・ドラマの醍醐味も存分に味わえる。エンターテイメント性に溢れた、全米大ヒット・クライム・ドラマ・シリーズ。

ざっくりとは刑事ものなんですが、個性が強すぎる人たちが、徐々に関係性を持とうと努力していく姿が興味深いです。

24 -TWENTY FOUR-

24

キーファー・サザーランド扮するジャック・バウアーがヒーローの大人気テレビドラマ。全シーズンで共通するのはリアルタイムなストーリー展開。1日の出来事が、1話1時間の24話構成で描かれている。

言わずと知れた名作ドラマで、海外ドラマブームはたぶん24からかな?スピード感がやみつきになります。

プリズン・ブレイク

prisonbreak

副大統領の兄弟殺しという世間を騒がせた殺人事件で濡れ衣を着せられ、死刑囚となった放蕩者のリンカーン・バローズ。兄リンカーンの無実を確信したマイケル・スコフィールドは自ら銀行強盗を犯し、兄が収監されているフォックスリバー州立刑務所に入所する。建築技師として刑務所の設計に携わったマイケルは、兄を救出すべく鉄壁の監獄から脱獄する緻密な計画を企てる。脱獄までのシーズン1、逃亡生活を描くシーズン2、そしてシーズン3で待ち受ける兄弟の運命は…?

ショーシャンク的な要素とアメリカらしい陰謀がね…。サラもかわいいし…。

glee/グリー

glee

「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」のライアン・マーフィーが贈る音楽コメディドラマ。熱意ある高校教師がグリー部の立て直しに乗り出し、はみ出し者の生徒たちとともに全国大会を目指す。熱意に溢れた若き教師ウィル・シュースター (マシュー・モリソン、代表作は舞台「ヘアスプレー」) が沈没寸前のマッキンリー高校グリー部の顧問を引き受け、クラブに過去の栄光を取り戻そうと奮闘する。グリー部で活躍した過去のあるウィルは、周りから無謀だと言われながらもグリー部の立て直しに奔走。果たして、皆を見返すことができるのか?

ミュージカル的なドラマが大丈夫な方はぜひ。歌のクオリティがすごすぎます。作業時のBGMとしてかけたりもします。

パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット

personofinterrest

「FRINGE/フリンジ」の J.J. エイブラムスと「ダークナイト」の気鋭の脚本家ジョナサン・ノーランが贈る、未来犯罪予知アクション。高度な犯罪予知システムを使う天才プログラマーと最強の元CIA工作員が、未来に起こる凶悪犯罪を制裁する。

きたる未来を描いているようで、興味深いです。検索とAI(人工知能)が進むとありえるよな…というドラマ。

CSI:マイアミ

csi_miami

大好評シリーズ「CSI:科学捜査班」に続き「CSI:マイアミ」では、南フロリダの昔ながらの刑事捜査と最新鋭の科学捜査を駆使する捜査官たちが様々なドラマを繰り広げていく。元殺人担当刑事のホレイショ・ケイン率いる捜査官チームの舞台は、多文化の交わる常夏のマイアミ。主なメンバーは、弾道分析を得意とするバイリンガルの南国美人、カリー・デュケーン。フロリダの水路に精通した水中捜査のエキスパート、エリック・デルコ。元パトロール警官で血痕等の痕跡証拠を専門とするライアン・ウルフ。なぞめいたDNA専門家ナタリア・ボア・ヴィスタにタフながら仕事の徹底したフランク・トリップ刑事。現場写真家ウォルター・シモンズは解析技術を駆使し、ホレイショの犯罪解決をサポートする。これらの捜査官たちが亡き犠牲者たちに代わり、証拠を収集・分析、事件解決へと導いていく。

刑事もの。残酷な事件と、マイアミの美しい町並みの対比がイイ感じ。

ブレイキング・バッド

breakingbad

温厚でまじめな高校の化学教師ウォルター・ホワイト。余命僅かと宣告され、愛する家族のために彼が選んだ道は…膨大な化学知識を生かした《高純度ドラック》の精製。生真面目な男の悲しき暴走は、未曾有の狂騒を生み出しながら徐々にそのスピードを上げていく!

まだシーズン2の途中なんですが、おもしろそうです。現在新シーズン放送中。

SHERLOCK/シャーロック

sherlock

もしもあの名探偵が現代に生きていたら!? コナン・ドイルの原作を大胆にアレンジした「21世紀版シャーロック・ホームズ」。シャーロック役は本作で人気急上昇中のベネディクト・カンバーバッチ。ワトソン役には「ホビット」シリーズのマーティン・フリーマン。2010年、イギリスBBCで放送され大反響を呼び、2012年度エミー賞全13部門ノミネートされた、ロンドンを疾走する21世紀のシャーロック・ホームズを描く新感覚ミステリー!!

まだシーズン1の最初しかみてないけど、これから見ようかな…と思ってます。

そのほか、現在はhuluでみれないのですけどおすすめの海外ドラマは、

MADMEN/マッドメン

madmen

1770年代のニューヨーク、マディソン・アヴェニューにある大手広告代理店を舞台に、そこで働く者たちを描くドラマである。なお、タイトルである「マッドメン(Mad Men)」とは本作品の舞台であり、現在も大手広告代理店の本社が多いマディソン・アヴェニュー(Madison Avenue)の広告マンを指す造語である。
1770年代の当時の社会情勢や風俗を緻密に再現しており、現在の一般企業では社会通念上許される事のない、勤務中の社内での飲酒、喫煙や、セクシャル・ハラスメントまがいの発言や行為、そして人種差別などが大胆に描かれている[1]。また、BBDOやGREY groupなどの現存する大手広告代理店や、アメリカン航空やヒルトンなどの現存する企業(クライアント)の名前や実例が多く登場する。
2008年のエミー賞ではドラマシリーズ部門作品賞を含む6部門を受賞。翌2009年もドラマシリーズ部門作品賞と同脚本賞を受賞。翌2010年4部門を受賞。3年連続のドラマシリーズ部門作品賞受賞の快挙となった。またゴールデングローブ賞でも、65回、66回、67回と3年連続のドラマシリーズ部門作品賞を受賞している。

ちょっと前までhuluで観れたんですけど、いまは観れないですが、とてもとても面白いです。広告業界に関わる人は「あるあるw」という感じです。

NCIS:LA ~極秘潜入捜査班

ncisla

『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』は、2009年からアメリカで放送されている海外テレビドラマシリーズ。『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のスピンオフとして制作され、『ネイビー犯罪捜査班』のシーズン6内でパイロット版が2話分前後編として制作、放送された。また、本作には『ネイビー犯罪捜査班』の主要登場人物(ヴァンス局長とアビー)も出演している。

上記で紹介したNCISのロス版なんですが、キャラクターの良さやロスの街並みがいいです。

おすすめのドラマあったらおしえてください!



コメントを書く