映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を見ました。主演のメリル・ストリープがアカデミー賞受賞したイギリス初の女性首相の自伝的映画。

2013年 2月 27日

主演のメリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞を受賞した、イギリス初の女性首相の自伝的映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を見ました。

英国史上初、かつ唯一の女性首相マーガレット・サッチャーは、その強い念により、当時の封建的な男社会の中でも、強力なリーダーシップを発揮した。フォークランド紛争での勝利、労働組合制度の改革、低迷する財政の立て直し、国内のみならず、世界中に影響を与え続け、鉄の女と呼ばれていた。

これは単なる偉人伝ではない。妻として、母として、国のリーダーとして力の限り闘い続けたひとりの女性の感動の物語である。

サッチャーの時代のイギリスの社会的背景が、今の日本のなんだかドヨーンとしている状況ととても良く似ているなーと感じました。そこをどう打破していくのか、彼女の強いリーダーシップが垣間見れる映画です。

日本と比べてもイギリスは、より、封建的・伝統的な階級社会・男性社会なのに、その中で女性の彼女がどうやってのし上がっていったのか?映画はそこは論点になっていないのだけど、なんだかとても気になりました。伝記でも探してみようかな…。

+ 庭づくりのヒントになりそう!イングリッシュ・ガーデン(イギリス式庭園)写真集「ターシャの家」「ターシャの庭」購入。

+ 藤沢・湘南台にある1000平米を超える宝物の倉庫 イギリスアンティーク家具専門店「キヤアンティークス」藤沢ウェアハウス店に行ってきました。

+ 英国硬貨選定にまつわるすべての話がデザイン的!「国章の盾」をモチーフにした、デザイナーMatthew Dentさんの硬貨デザインは公募から選ばれた!

+ クリント・イーストウッド主演映画「人生の特等席」を見ました。「グラン・トリノ」以来の主演で、他監督作品では「ザ・シークレット・サービス」以来の映画だそう。

+ パリを舞台にしたパリジャンが交錯する群像劇映画“PARIS”(パリ)を見ました。パリの街並みを垣間見る事ができます。

+ ウッディ・アレン監督作品のローマを舞台にしたコメディ映画「トゥ・ローマ・ウィズ・ラブ“To Rome with Love”」を見ました。

+ ひとの のみうそは さしいょと さごいの もじが あってさえいれば ぶんしょうを たしだく にしんき できるらしい…という研究結果がオモロー。

 + 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』公式サイト 

+ マーガレット・サッチャー – Wikipedia



コメントを書く