アカデミー作品賞受賞作品 映画「英国王のスピーチ」を見ました〜冬休みにゆっくりする人へのおすすめ映画その2

2012年 12月 12日

去年のアカデミー賞ですが…、今更ながら映画「英国王のスピーチ」を見ました。

吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを描く実話に基づく感動作。トロント国際映画祭で最高賞を受賞したの­を皮切りに、世界各国の映画祭などで話題となっている。監督は、テレビ映画「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~」のトム・フーパー。ジョージ6世を、『シングルマン』のコリン・ファースが演じている。弱みや欠点を抱えた一人の男の人間ドラマと、実話ならではの味­わい深い展開が見どころ。

王室というととても遠い存在に感じますが、人が困難に立ち向かう姿は、たとえどんな階級の人であろうと身近なものに感じるなー、それが些細な事であればあるほど…と思いました。(ヘタクソ読書感想文w)

時代背景もあるので、イイ映画!と言っていいのかはわかりませんが、「うぅぅむー」という作品でした。冬休みにゆっくりする人におすすめの映画かもしれません。

+ 芸術の秋!映画鑑賞するなら『アメリ』の監督『ジャン=ピエール・ジュネ(Jean-Pierre Jeunet)』の作品がおすすめ!

+ キック・アスのクロエ・グレース・モレッツ主演の映画『モールス』観てきました。もしこれからレンタルで観るならリメーク元の『ぼくのエリ200歳の少女』がおすすめ!

+ ジョージ・クルーニー主演、ハワイを舞台にした映画『ファミリー・ツリー』を見ました。

+ ハワイ好きにおすすめの映画「ファミリー・ツリー」!ハワイを舞台にした映画特集!

+ iTuensレンタルで映画「(500)日のサマー」鑑賞〜ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・クレア・デシャネル主演

+ iTunesレンタルでダニー・ボイル監督作品 映画『127 Hours』借りました。スラムドッグ$ミリオネア同様、人間の心模様が描かれたイイ映画でした。

+ 選球眼=投手に多くの球を投げさせる技術=先発交代後に中継ぎから点をとる…というセイバーメトリクスが興味深い映画「マネーボール」iTunesレンタル。

+ 映画『英国王のスピーチ』(原題:King’s speech)公式サイト



One Response to “アカデミー作品賞受賞作品 映画「英国王のスピーチ」を見ました〜冬休みにゆっくりする人へのおすすめ映画その2”

  1. フランス映画「最強のふたり」を見ました。エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督、フランソワ・クリュゼ×オマール・シー主演 | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2013年 1月 14日 at 9:06 PM

    […] […]

コメントを書く