ベンチャー・スタートアップ企業とインターン学生を結ぶウェブサービス「スタートアップ・インターン“Startupintern”」。需要がありそうでイイね!

2011年 9月 6日

ベンチャーなど、起業したばかりのスタートアップ企業にとって、労働力不足はとても深刻な問題だと思います。経費をかける程の収益が見込めるのか不明のまま、コストを積んでくというのは、もしかすると、起業以上に勇気がいるかもw。

僕らクラウドワゴンもそんなまっただ中にいて、なんとかならないものか?と思いつつ調べていると(←現実逃避w)、こんな面白いウェブサービスを見つけました。「スタートアップ・インターン」。



「我々のスタートアップにあなたのスタートアップの手助けをさせて」。これは先週末のSWTで初めにピッチしたグループのスローガンである。社会に出ようとしている若い日本の新卒学生はグリーやミクシィのような大手のインターネット関連会社しか知らない者が多い。

このグループはこのように指摘する。また、学生の多くは小さなスタートアップに存在しているチャンスについて知らない、とも指摘する。

スタートアップ・インターンのPaulによるプレゼン

スタートアップ・インターンとはスタートアップとインターンを結びつけるものだ。

インターン希望者や就職希望者に会社の説明するため、ファウンダーは会社説明のビデオを作成する。またユーザーによる推薦という仕組みも存在しており、これは同じ立場の人の評価であるため、起業した会社が働くのに良いところかどうかを判断するときに役立つ。

収入のモデルについてはスタートアップがウェブサイトのリストに自社の名前を載せるため年会費を支払うことになる。

コレは両者にとってメリットの高い、需要が見込めそうなサービスですね。「イイ所に目をつけるなー」。こんなリアルに結びつくウェブサービスってイイですよね。

ちなみに現在すでに名だたるウェブ企業が名を連ねていますヨ。

+ シャープのスローガン「目の付けどころがシャープでしょ。」が「目指してる、未来がちがう。」になったそう…矢印も実線になってる…。

+ 「えっ!有限会社ってもう作れないの!」東京・田町の創業サポートセンターで中小企業診断士に教えてもらった株式会社設立のいろいろ。

+ Startupintern

+ Startup Weekend Tokyoで披露された12のサービスをご紹介 | Startup Dating [スタートアップ・デイティング]



コメントを書く