花火が持つ「追悼・復興」という思いを込め、この夏、東北〜北関東にかけて太平洋沿岸で、一斉に花火を打ち上げようというイベント「ライトアップ ニッポン“LIGHT UP NIPPON”」

2011年 5月 9日

本来、花火が持っていた「追悼・復興」という意味を込めて、この夏、東北から北関東にかけての太平洋沿岸で、一斉に花火を打ち上げようというイベント“LIGHT UP NIPPON(ライトアップニッポン)”が企画されているそう。詳しくは以下に。



3月11日、東日本を襲った
未曾有の地震と津波に被災されたひとりひとりが、
ふたたび未来へと歩みはじめるきっかけをつくりたい。
被災地の悲しみや苦しみが、
私たちの想像をはるかに越えるものだとしても、
これまでと同じように、
生きること、生き続けることの先には、希望や喜びがある。
そんな当たり前のことを、改めて感じる機会をつくりたい。

だから、私たちはこの夏、
東北から北関東にかけての太平洋沿岸で
一斉に花火を打ち上げたいと考えています。
本来、花火が持っていた「追悼」と「復興」の意味を込めて。
地元と協同しながら、東北を、日本を、明るく、元気に。…
(ホームページより一部抜粋)

コンセプトがイイですよね、もっと詳細を知りたい方は以下ページのメルマガや、ツイッター、フェイスブックからどうぞ。

そういえば、yokoyamaが以前住んでいた大田区の六郷土手も、慰霊の花火大会が毎年終戦記念日の8月15日に行われていました。花火大会の趣旨から、いわゆる他の花火大会のように、広告をうったりしない、地元民に愛されるこじんまりとした花火大会だったんですが、当日になるとみんな、多摩川沿いをぞろぞろ歩き出す…というね…このライトアップニッポンも恒例になってくとイイですね…僕ら忘れないように…。

+ LIGHT UP NIPPON

+ 総額150億円もの義援金を寄せてくれてる台湾にありがとうを言えない…。一般人のツイッターの呼びかけで集ったお金で台湾の新聞2紙にお礼広告掲載!

+ 被災者目線の被災地の記録「ROLLS TOHOKU 3/31-4/3」紹介。被災地域に大量の写ルンですを持込んだフリーカメラマン平野愛智氏の取組み。

+ 震災のお見舞いを申し上げます。地震の被害状況を伝えるニューヨークタイムスなどの海外メディアの報道写真。(サイト追加3月29日)



3 Responses to “花火が持つ「追悼・復興」という思いを込め、この夏、東北〜北関東にかけて太平洋沿岸で、一斉に花火を打ち上げようというイベント「ライトアップ ニッポン“LIGHT UP NIPPON”」”

  1. 坂本龍一 × 孫 正義 × 岡田武史 × 小林武史 × 枝廣淳子 × 菅直人の「自然エネルギーに関する対談」が本日14時からインターネット中継されるそう。参加メンバーについてちょっと調べてみ Says: 2011年 6月 12日 at 8:00 AM

    […] 先日wagonR35でも紹介したライトアップ ニッポン“LIGHT UP NIPPON”にも音楽を提供してました。 […]

  2. スカイランタンを空に浮かべるポーランドの夏至を祝うお祭り「聖ヨハネ祭」動画ムービーが幻想的でキレイ!何度も繰り返し見てしまいます。 | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2011年 7月 11日 at 2:34 AM

    […] + 花火が持つ「追悼・復興」という思いを込め、この夏、東北〜北関東に… var url = document.URL; document.write(''); Tweet […]

  3. 東北のものづくり企業にCASH FOR WORK!を目指すMEMBeR.Projectの運営責任者になりました。あなたも僕らと一緒にメンバーになりませんか?気仙沼 オイカワデニムSHIRO0819、石巻 山形屋商店。 | wagonR Says: 2012年 7月 11日 at 12:48 PM

    […] + 花火が持つ「追悼・復興」という思いを込め、この夏、東北〜北関東に… var url = document.URL; document.write(''); Tweet […]

コメントを書く