総額150億円もの義援金を寄せてくれてる台湾にありがとうを言えない…。一般人のツイッターの呼びかけで集ったお金で台湾の新聞2紙にお礼広告掲載!

2011年 5月 5日

震災直後から台湾国民のものすごい早さと、ものすごい金額の義援金のニュースはネットでは聞こえて来ていました。(現在150億円を超えているらしい…)が、しかし、日本との正式な?外交関係がない…うんぬんみたいな話で、その後も日本として正式に「ありがとう」を言えない…ってのを耳にして「イヤだなーこういうとこ…」と思ってたんですが、文句を言ってるだけでなく、素早い行動を起こした人のニュースを耳にしたので紹介します。


「ありがとう、台湾」。東日本大震災で多くの被災地支援を行った台湾に対し、日本在住の「有志一同」約6千人が3日付の台湾紙、聯合報と自由時報の2紙に、日本語を交えた感謝の広告を掲載した。

 台湾に謝意を伝えたいとする女性デザイナーが短文投稿サイト「ツイッター」などを通じて広告を提案。約240万円の広告掲載料を捻出するため、1口千円の募金を呼び掛けたところ、1900万円以上が集まった。差額は被災地へ義援金として送るという。

 台湾からの義援金は先月27日までに約55億5千万台湾元(約157億円)に達している。(サイトより抜粋)

やりますね、うれしいですね、こういうのは。見習わなくちゃ。それにしても台湾の親日っぷりっうれしいですね。そのうちお返しに「魯肉飯」食いにいこっと!

+ アウトドアブランド パタゴニア“patagonia”の震災への取り組みや企業姿勢、さらに問題が起こった時のシフトチェンジの身軽さがとても好感が持てるし上手。

+ 作家村上龍さんがアメリカ・ニューヨークタイムスに寄稿した「危機的状況の中の希望/日本語訳」紹介。ボクらの心情に最も近く力強い文章。

+ アメリカニューヨーク・タイムズに掲載されたコラム日本語訳。コラム執筆者は阪神大震災当時東京支局長だったニコラス・クリストフさん。

+ 【東日本大震災】「ありがとう、台湾」日本の有志6000人、地元2紙に広告



One Response to “総額150億円もの義援金を寄せてくれてる台湾にありがとうを言えない…。一般人のツイッターの呼びかけで集ったお金で台湾の新聞2紙にお礼広告掲載!”

  1. 花火が持つ「追悼・復興」という思いを込め、この夏、東北〜北関東にかけて太平洋沿岸で、一斉に花火を打ち上げようというイベント「ライトアップ ニッポン“LIGHT UP NIPPON”」 | wagonR35〜 Says: 2011年 5月 9日 at 3:00 PM

    […] + 総額150億円もの義援金を寄せてくれてる台湾にありがとうを言えない…… […]

コメントを書く