巨大な自伝百科事典と言ってもイイ「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」の、おすすめコンテンツ勝手にBEST10!

2009年 1月 11日

インターネットをこれから始めたい!って人には、

ボクはいつも「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」を紹介しています。

言わずと知れた、コピーライター糸井氏の主宰するページですが、

サイトには、実に膨大なアーカイブが存在するため、

「どこを見たらいいかわかんない」らしい…。

ということで、ほぼ日ビギナー用、

おすすめコンテンツBEST10を勝手にやらせていただきます。

1位 上がりたかったんだ。E.YAZAWAの就職論

矢沢永吉と糸井重里の対談。

矢沢がいかに、ソフトで繊細で、

生真面目にロックに取り組んでいるかを、垣間みれます。

そして、それはそのまま、ボクらが、

仕事というモノへ、どう立ち向かえばいいか?の

ヒントになってると思います。

矢沢の印象が180度変わる!?

言葉が自然と頭の中にスルッと入ってきます。




 

2位 いろどり

お刺身を食べるときにツマと一緒に、季節の葉っぱがついてたりしますが、

その葉っぱを毎日山で収穫し農協におろす仕事で、

70~80歳のおばあちゃん達が、年収1000万をかせいでいる、という、

とても信じられない徳島県の話。カルチャーショックです。

これが明野ナビ!〜サンフラワーフェスの町に通う生活。を始めるきっかけのひとつになりました。

3位 気まぐれカメら

糸井氏の毎日のスナップ写真日記のようなもの、です。

主に、飼い犬のブイヨン目線で、日々の楽しそうな様子が綴られます。

文字を読むのが苦手な人にオススメ。

4位 とんでもない鉄道模型とすごいテレビ電話の話。

リアルな実業家の原丈人さんと糸井氏の対談。

バングラディシュで医療と教育の改善を、

実際に現在取り組んでいる人なんですが、

そういう類いの活動は、慈善事業じゃダメで、

ビジネスモデルとして成り立たなきゃダメなんだ!

という信念のもと、活動が軌道にのる様子が語られます。

この活動の中で遠隔地域の医療や教育をするために開発した

データの圧縮技術は現在NHKで採用されてるらしい。

目の前の小さな課題を克服するために開発した技術が

世界のスタンダードになっていくさまは、

読んでるだけで、鳥肌が立ちます。

5位 ねむりと記憶。池谷裕二+糸井重里

「海馬」の著者池谷裕二さんと糸井氏の対談。

人が寝ている時、脳の中でどんなことが起こっているか?

というのをマウスの実験を通して説明してくれます。

起きているときの情報を、寝ているときに脳は、

なんと!圧縮して高速再生していて、

しかもその再生の最中にしばしば間違える事があるらしく、

だから、夢はハチャメチャである、と。

だけど、その「間違える」のおかげで

「ひらめき」が生まれる…。すぐに寝たくなります。

6位 ザ・グレート・フリー「ほぼ日」の就職論。

板尾創路、ピエール瀧、天久聖一、浜野謙太の

フリーランスな人たちのゆるい対談。

「(金の不安は)どこまでいってもあるんじゃないでしょうか」

ってピエール瀧の言葉に、背中を押されたりします。

7位 タモリ先生の午後 2009

毎年恒例になっているタモリさんとの対談。

タモリさんの笑ってる顔みるとね、

ついついつられちゃいます。

タモリさんの作ったカレーをみんなで食べるイベント

など、ほぼ日との関わりが深いです。

なんてことはない、普通の話が面白い。

8位 任天堂社長岩田聡 社長に学べ!

任天堂の社長になった岩田氏との対談。

ほぼ日、立ち上げ時、岩田氏は「ほぼ日電脳部長」として、

深く関わっていてそうで、その頃の話が、非常に面白いです。

なにかを立ち上げるときの話って、面白いですよね。

9位 養老孟司×糸井重里 対談 13歳で大人になろう。

「バカの壁」の養老さんとの対談。

いかに、現在が、こんがらがっちゃってるか、と、

それはどういう原因でからまっちゃったのか、と、

それをどうほどいていけばいいか、が、

やさしく語られています。

10位 写真で深呼吸。仁礼博のだいじな思いで

東京スカパラダイスオーケストラや

BOOMの宮沢和史、EGO-WRAPPIN‘などの

アーティスト写真を撮っている、

写真家仁礼さんの作品が見れるページ。

ボクらCROWD WAGONもBBQごちそうになるなど、

軽くお世話になってます。

というわけで、長くなりましたが、オススメBEST10です。

ほぼ日にはこの他にも、

松本人志、太田光、リリー・フランキー、三谷幸喜、つんく♂、…

といった芸能人から、

奈良美智、佐藤可士和、佐藤卓、小山薫堂、葛西 薫

といったクリエイターまで、

実に様々な分野の卓越した人が、面白い話をしてくれてます。

もう、このサイト自体が「巨大な自伝百科事典」とかしてます。

部屋を掃除するはずが、ついつい、

マンガを読んで一日が終わってしまったときのように、

ついつい、この記事を書きながら、

紹介したコンテンツをほとんど全部、読み返してしまった。

超オススメです。

+ ほぼ日刊イトイ新聞



6 Responses to “巨大な自伝百科事典と言ってもイイ「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」の、おすすめコンテンツ勝手にBEST10!”

  1. 映画「おくりびと」の脚本を手がけた多才 小山薫堂氏がかかわる番組はどれもすごく面白い! | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2009年 2月 24日 at 6:29 PM

    […] 人気記事ベスト10 1位  R35世代 森友治さんのダカフェ日記ナビ 2位  所さんのDaytoneニュープロジェクト,ジムニーを初代アーリーブロンコ リトルマウンテン・ランナー化計画 3位  七里ヶ浜フリーマーケット(湘南情報) 4位  今度こそ使える!フリーダウンロードの2009カレンダーデータpdf形式 5位  次回 冬季オリンピック 2010年 バンクーバーオリンピック マスコットキャラクター『quatchi』『miga 』『sumi』 6位  2009年7月22日、日本で皆既日食が見れる!ということで、ネット中継や予備知識を入手できるサイトのまとめ 7位  伊坂幸太郎(小説)(映画) 8位  読売新聞あなたが選ぶ新時代の日本の風景「平成百景」の300候補地がどんなところなのか?とflickr(フリッカー)で見てみました〜 9位  オカメッセンジャーyasudaのメッセンジャーバック SAGLiFE 10位  巨大な自伝百科事典と言ってもイイ「ほぼ日」の、オススメコンテンツBEST… […]

  2. 写真家仁礼博氏のほぼ日連載「写真で深呼吸。仁礼博のだいじな思いで」連載が再開されました! | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2009年 5月 19日 at 5:33 PM

    […] 人気記事ベスト10 1位  R35世代 森友治さんのダカフェ日記ナビ 2位  所さんのDaytoneニュープロジェクト,ジムニーを初代アーリーブロンコ リトルマウンテン・ランナー化計画 3位  七里ヶ浜フリーマーケット(湘南情報) 4位  今度こそ使える!フリーダウンロードの2009カレンダーデータpdf形式 5位  次回 冬季オリンピック 2010年 バンクーバーオリンピック マスコットキャラクター『quatchi』『miga 』『sumi』 6位  2009年7月22日、日本で皆既日食が見れる!ということで、ネット中継や予備知識を入手できるサイトのまとめ 7位  伊坂幸太郎(小説)(映画) 8位  読売新聞あなたが選ぶ新時代の日本の風景「平成百景」の300候補地がどんなところなのか?とflickr(フリッカー)で見てみました〜 9位  オカメッセンジャーyasudaのメッセンジャーバック SAGLiFE 10位  巨大な自伝百科事典と言ってもイイ「ほぼ日」の、オススメコンテンツBEST… […]

  3. ニッチな趣味趣向をくすぐる「タモリ倶楽部」のオモシロ企画「古地図歩き 市中引廻しはどこを引廻すのか?」をNHKが番組にしちゃった! | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2009年 9月 29日 at 6:45 PM

    […] + 巨大な自伝百科事典と言ってもイイ「ほぼ日」の、オススメコンテンツ… […]

  4. もの作りに関わる全ての人におすすめ!ほぼ日糸井重里さんがマリオ開発者宮本茂さんに聞く「社長の代わりに糸井重里さんが訊くスーパーマリオ25周年」。 | wagonR35〜R35デザイナーに見 Says: 2010年 9月 16日 at 4:13 PM

    […] + 巨大な自伝百科事典と言ってもイイ「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」… […]

  5. ほぼ日「クロネコヤマトのDNA」コンテンツが身震いする程面白かったので紹介。あれほどの大震災の中、ほとんどの従業員が被害をまぬがれた理由は…。 | wagonR35〜R35デザイナーに見えるも Says: 2011年 9月 5日 at 7:57 PM

    […] + 巨大な自伝百科事典と言ってもイイ「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」… […]

  6. 【読んでおきたい】ほぼ日の震災コンテンツ「東日本大震災のこと。」が、どれも身の丈に合う記事ばかりで、とても興味深い。 | wagonR35〜R35デザイナーに見えるもの Says: 2011年 11月 9日 at 8:22 PM

    […] + 巨大な自伝百科事典と言ってもイイ「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」… […]

コメントを書く